インフルエンザという感染症は、せきやくしゃみによる飛沫感染が原因となるケースが多く見られ、ウイルスが猛威をふるっている期間に人ごみなどで感染が拡大するケースが多くなっているのが現状です。
また、ウイルスに接触した手で、直接身体の粘膜部分に触れるという行為も、感染してしまう原因です。そのため、ウイルス感染予防のためには、予め幾つかの大切な知識を学んでおく事が求められます。
このウイルス感染予防は、江東区などの自治体でも推奨されているもので、江東区では帰宅時のうがいや、殺菌効果の高い石けんでの手洗いを推奨しています。
とりわけ、江東区で推奨するうがいというウイルス感染予防対策は、喉の粘膜から細菌が侵入する事を防ぐ効果があるもので、うがいが喉の乾燥を防ぎ、粘膜を適切な状態に保つ効果が期待出来るので、ウイルス感染予防として大きな意味を持つものです。
また、多くの医療機関でも推奨されるマスクの着用は、呼吸によるウイルスの侵入を大幅に低減させる効果が期待でき、粘膜の湿度を保つことができるものでもあるので、感染予防には理想的な手段とされます。
そして、インフルエンザにかからないための日常的な取り組みとしては、睡眠時間があり、睡眠不足による体力の低下を防ぎ、身体的なストレスを蓄積させない事が重要です。この十分な睡眠での体力回復効果で、ウイルスに対抗する免疫の働きを整える事が可能とされます。
更に、高齢者の方の場合は、インフルエンザワクチンの接種は重症な症状を回避するためにも効果的な手段とされ、インフルエンザの発症を低下させるだけではなく、発症した場合も症状を緩和させる効果が期待できます。そのため、高齢のために免疫力の低い方の場合は、予防効果の高いワクチン接種が有効手段とされています。