インフルエンザの菌に感染し、この感染成立するまでには、一定の時間が必要です。インフルエンザは飛沫感染で、咳や鼻水の中のウイルスに接触することが原因で感染することが多くなりますが、これらのウイルスが粘膜を通じて体内に入り込んでくる事で、感染成立します。しかし、ウイルスが体内に入って感染成立しても、すぐに症状が出ることはなく、場合によっては身体の免疫システムがウイルスを攻撃し、症状を発症させないケースもあります。
しかし、体内にウイルスが潜伏し、免疫力が上手く機能しないケースでは、感染成立した後に固有の症状を発症することとなり、高熱などを伴うインフルエンザの症状が出てくることが特徴です。
これらのインフルエンザのウイルスに対応する為にも、ワクチン接種が重要です。その年のインフルエンザの流行を事前に予測したワクチンが上手く体内で働く事で、インフルエンザに伴う重篤化しやすい症状を回避する事が可能とされます。
しかし、このワクチン接種で知っておくべきポイントとして、皮膚のかゆみがあります。これは注射をした部位が赤く腫れることがありますが、この症状は多くの場合は予防接種による反応の一種です。
このかゆみの原因のひとつとされるのが、製造方法として卵でウイルスを培養する事から、一定の方にアレルギー反応として皮膚に痒みを伴うケースが見られます。
このかゆみの症状は、身体に有害な菌が入ったというケースは少なく、一種の身体の防衛反応であるために、数日程度でかゆみが治まってくる事が大半です。また、皮膚の腫れた状態が酷くなった場合には、市販の痒み止めでも対応可能な場合があるために、症状が軽い場合には効果的な対策として活用できます。