インフルエンザにかかると熱が高くなり生きてるのが不思議に思うくらいのような状態になります。
インフルエンザにかかった時にはどのように家で過ごすと良いのでしょうか。
まず大切なのは絶対に安静にすることです。
だるくてもとにかく見たいテレビ番組があるので起きて見ようはしないようにしなければなりません。
とにかく寝ているのが一番といえます。
油断大敵なのは脱水症状です。
インフルエンザになりますと高熱になり、汗をたくさんかきます。
もしかすると体のだるさゆえに水も飲みたくないという気持ちになるかもしれません。
しかしそれは大変危険なことです。
必ず水を取るようにいたしましょう。
できるならばスポーツドリンクのようなものが良いといえます。
もし汗を大量にかくならば、こまめに下着を交換するようにいたします。
汗のかいた下着のままのでいるならば、体を冷やしてしまうということになりますので注意が必要です。
部屋の中の湿度にも影響つける必要があります。
加湿器を使い、室内の湿度を60%程度になるように調整します。
もし空気が乾燥しているならば、ウイルスが活発になってしまいます。
また、栄養バランスの保たれた食事を取るということも必要なことです。
ビタミンAはと肌や喉の粘膜を良い状態に保つために必要なものですし、免疫力を高めるにはビタミン C が必要です。
また、ウイルスの抵抗力を高めるためにタンパク質がいります。
そうした物が含まれている栄養豊かな食材をよく摂るようにいたします。
もし家族がいるならばインフルエンザのウイルスが家中に充満している可能性がありますので、定期的に換気をするようにします。
他の家族がインフルエンザにならないように対策をする必要があります。

★インフルエンザの治療薬にタミフルがおすすめ!
インフルエンザ治療薬で早期治療